製品紹介

缶の歴史

缶詰は1804年、戦争における食糧問題に悩まされていたナポレオンが、
食糧を新鮮なまま長期保存する方法の発明に懸賞を懸け、
それに応えたフランス人、ニコラ・アペールにより発明されました。

口の大きなガラス瓶に肉や野菜などを入れ、コルクで緩く蓋をし、お湯の中に入れ、火を加える。
その後取り出し蓋をしかっりと閉め、ロウで完全に密封するというもので、
現在の缶詰製法における考え方とほぼ同じものでした。

1810年にイギリスでピーター・デュラントによるブリキ缶の缶詰が作られ、
その二年後には早くも最初の缶詰工場が造られると、
ヨーロッパで缶詰は一般的な食品として、次第に食べられるようになっていき、
南北戦争などでは無くてはならないものになりました。

日本では明治4年(1871年)、
長崎県で、松田雅典がフランス人に教わり、イワシの油漬けを作りました。

その後明治10年(1877年)に北海道石狩市で鮭の缶詰が工場生産されるようになり、
一般に広まっていきました。

今では沢山の缶詰製品が私達の周りに溢れています。

大和千葉製罐では、一般食缶、3ピース食缶、殺虫剤などのエアゾール缶等、
内容物の良さを最大限に引き出す容器を常にチャレンジ精神をもって開発し、
消費者のニーズにかなった容器作りを展開しています。

また、ライフスタイルにかなった、新しい発想の容器づくりにも着手しています。

  • ローカルナビタイトル
  • 缶の歴史
  • 缶の歴史
  • 缶の歴史
  • 缶の歴史
  • 缶の歴史
  • 缶の歴史
  • 缶の歴史
ボーダートップ

ボーダーボトム