環境活動

高まる缶詰製品のエコ特性

環境問題は、現代社会において人類が取り組むべき最重要課題の一つといえます。
多くの産業で環境活動への取り組みが推進されるなか、
各種缶詰製品がエコロジーの観点から注目されています。
使用済み容器再利用の精度の高さ、長期保存性、家庭内調理と比較した場合の熱効率の良さ、
可食部分の多さなど「エコ食」としての特性が高まっています。

調理時間の短縮で省エネ!

 食用缶詰は家庭内料理と比較すると高い熱効率が
期待できます。
 ある程度の段階まで調理が終了している食用缶詰は、
下ごしらえ時に環境に対してあまり負担をかけず、
 また、調理時間の短縮にも繋がります。
水道、ガス、電気なども節約できます。

長期保存で高いエコ効果!

 賞味期限の長さから廃棄される可能性も他の食品
と比較してかなり低く、食資源の有効活用の面で
も大きな効果が得られています。
 また、同等の保存性を持つ食品分野と比べると、
常温で流通・管理ができるという点から製造・流
通・陳列・家庭内保存の全般でエコ効果を発揮し、
容器形状上、陳列収納の面で省スペース化も推進
できます。

可食部分の多い優れモノ!

 特質すべきなのは、特に水産缶詰における
可食部分の多さです。
 例えば鮭缶では骨まで消費することが可能である
ほか、ほぼ全ての調理缶詰で素材を無駄なく使用
しています。 

容器再利用の精度の高さ!

 ゴミ問題において、「リサイクル」は
重要な環境活動の一つといえます。
その点において、缶容器は
スチール缶は92,9%アルミ缶は90,1% (H27年度)
という高いリサイクル率です。
 飲料缶はもちろん、インドア消費の多い食用缶詰に
おいては特に高いリサイクル率が期待できます。

ボーダートップ

ボーダーボトム